一般財団法人 滋賀県動物保護管理協会

協会案内

滋賀県動物保護管理協会の概要

top昭和59年、滋賀県と当時の県内7市43町村および滋賀県獣医師会が出捐者となり誕生した当協会は、公益法人制度の改正に伴い、平成25年に一般財団法人滋賀県動物保護管理協会となりました。

当協会の設立当初は野犬による咬傷事故や動物の遺棄がまだまだ多く、動物による人の被害をなくすための捕獲・収容など県から受託した管理業務が事業の中心でした。

しかし、根本的な課題の解決には動物愛護思想の普及や適正飼養の啓発が必要であり、すぐには成果が見えないこれらの業務にも同時に力を注いできました。

こうした努力とともに、近年では家庭で飼育される動物の社会的な位置づけが徐々に向上してきました。当協会の事業内容も、当協会の活動に対して多くの県民の皆様の共感を頂きながら、譲渡事業や飼育相談を中心とした、人と動物が良いつながりを持つことによって、より豊かな生活を実現するための事業を拡大することができました。

家庭で飼育されている動物たちが家族の一員としていつまでも幸せに暮らせるとともに、人の心に安らぎと潤いを与えてくれる、そんな人にも動物にもやさしい社会であるために、当協会は努力し続けてまいりたいと考えています。

一般財団法人滋賀県動物保護管理協会
理事長 柴山 隆史

1:協会の設立(沿革)

昭和25年 狂犬病予防法施行 滋賀県が未登録、未注射犬の抑留業務を開始
昭和43年 滋賀県犬取締条例施行 滋賀県が所有者不明犬の捕獲業務を開始
昭和49年 動物の保護及び管理に関する法律施行 滋賀県が犬・猫の引き取り業務を開始
昭和52年 滋賀県が野犬等の捕獲・抑留・運搬業務を社団法人滋賀県獣医師会に委託
昭和59年 滋賀県、7市、43町村および社団法人滋賀県獣医師会により財団法人滋賀県動物保護管理協会を設立、滋賀県から動物管理業務を受託
昭和63年 動物愛護週間行事として「動物フェスティバル」を開催(平成21年度まで補助事業として開催)
平成6年 滋賀県動物の保護および管理に関する条例(犬取締条例の廃止)の制定
平成7年 賛助会員制度を創設する
動物愛護の普及啓発事業を拡大し実施
(動物愛護思想の高揚および不幸な動物をふやさない運動の推進 )
平成12年 「動物の保護及び管理に関する法律」が「動物の愛護及び管理に関する法律」に改正
平成17年 「動物フェスティバル」を「動物愛護フェスティバル」に改称
動物の愛護及び管理に関する法律の一部改正
平成21年 大津市の中核市移行にともない、大津市動物愛護センターが設立され、動物管理業務が滋賀県および大津市からの受託となる
平成22年 県が「動物愛護のつどい」を開催
平成23年 自主事業として「動物愛護のつどい」を当協会が開催
平成25年 公益法人制度の改正に伴い、一般財団法人滋賀県動物保護管理協会となる
公益社団法人滋賀県獣医師会と一般財団法人滋賀県動物保護管理協会が主催で「2013しが動物フェスティバル」を開催

2:団体目的
動物の愛護・保護及び適正な飼養についての県民の理解と関心を深めると共に、滋賀県及び大津市の動物管理業務の受託等動物の保護管理に関する施策に協力し、もって人と動物の共存する豊かな環境づくりに寄与することを目的としています。

3:仕事の内容
動物の愛護及び適正な飼養により、人と動物が共生できる社会づくりをめざし、公益機能の発揮に取り組む中で、動物の習性・特性に関する専門性・技能・経験を生かして、様々な機会を活用しながら、動物愛護の普及啓発事業に取り組むため、次の事業を行っています。

【1】動物愛護啓発事業

①適正飼養等の相談対応の実施
◇犬猫の基礎的な正しい飼い方およびしつけ方に関する電話相談の対応

②動物愛護関連行事等の実施
◇動物愛護のつどい・しが動物フェスティバルの開催
◇不妊去勢手術・個体識別措置を推進する街頭キャンペーンの実施
◇チラシ・リーフレット等の啓発資料の作成・配布
◇動物慰霊祭の開催
◇犬・猫の譲渡事業の推進

③情報発信事業の実施
◇定期刊行物(広報誌:わんにゃん広場)の発行
◇インターネットHP等による新しい飼い主探しの場(わんにゃん掲示板)の提供
◇インターネットHPによる滋賀県動物保護管理センターに収容されている犬猫の情報・譲渡対象犬猫の公開
◇犬猫の適正飼養に関する講座などの情報提供

④調査研究事業等の実施
◇より適切な譲渡事業を展開するため、譲渡した犬の現在の飼養状況等を調査

【2】動物保護管理業務の推進

①滋賀県動物保護管理業務
◇犬による苦情・依頼の処理
◇野犬等の収容および引取り業務
◇各市町、各保健所、各警察署に引き取られた犬および猫の回収業務および保健所犬舎等の清掃業務
◇滋賀県動物保護管理センター窓口における犬および猫の引取り業務
◇犬および猫その他の動物の不適正飼養に対する指導業務
◇犬および猫に係る負傷動物収容業務
◇動物愛護普及啓発業務(犬のしつけ教室・譲渡前講習会・譲渡事業・出前講座・なかよし教室・動物飼養相談)
◇滋賀県動物保護管理センターで飼養および保管している動物の飼養管理
◇滋賀県動物保護管理センターで供用している施設の維持管理
◇特定動物逸走時の収容業務
◇業務に使用する県貸与物品の管理

②大津市動物保護管理業務
◇緊急対応

4:組織
役員の構成
評議員7名・理事9名・監事2名
職員の構成
職員7名、非常勤職員3名