一般財団法人 滋賀県動物保護管理協会

譲渡候補犬・猫

譲渡登録者の希望内容と一致しないため、飼い主を募集している犬・猫の情報です

譲渡会の廃止と事前登録制への変更

平成24年度より、犬猫の譲渡会を廃止し、事前登録制へ変更します。
詳しくはこちらをご覧ください。

<はじめに>
 滋賀県動物保護管理センターに収容された犬・猫について、健康で人と社会に順応性のあるものについては、生存機会を拡げ、適正な飼い方をしていただける模範的な飼い主の育成を目的として、犬・猫を譲渡しています。
犬・猫の譲渡は事前登録制です。これから犬・猫を飼っていただく方の生活スタイルや生活環境、描いておられる犬・猫と暮らす生活イメージによって最適な犬・猫は異なります。
これらを事前にお聞きし、条件に見合った犬・猫を紹介することを目的として事前登録制としています。

<譲渡対象者の条件>
1:成人であること
2:飼養にあたり、同居する家族全員の同意が得られていること
3:犬・猫を家族の一員として愛情をもって終生飼養できること
4:飼養場所が集合住宅または借家の場合、入居の条件において譲り受けようとする動物の飼養が承認されていること
5:誓約書〔別様式〕の内容(登録・狂犬病予防注射実施、不妊去勢手術実施など)を遵守できること
※猫は室内飼いをしていただける方に限ります
6:センターが実施する飼い方講習会(譲渡希望登録講習会)を受講していること。
7:譲受希望者の年齢、健康状態、家族環境などから、終生飼養が困難と認められ場合、譲渡希望登録をお断りします。
※講習会は、一回の受講で3年間有効です。3年経過後は、譲渡登録についても抹消となります。

<譲渡候補になる犬・猫>
1:健康であると判断される犬・猫
2:人や社会に対して順応性があると判断される犬・猫
3:センターが実施する性格判断テストに合格した犬・猫
※ただし、譲渡希望者と犬・猫とのマッチングによって飼養に問題がないと判断されるときは、上記を全て満たすことがなくとも譲渡候補とする場合もあります。

<譲渡までの流れ>
1:飼い方講習会(譲渡希望登録講習会)受講→犬の講習会・猫の講習会
2:事前登録(審査にパスされた場合、希望する犬猫の条件などを伺います)
※事前登録者がいない譲渡候補犬・猫がいて、譲渡をご希望の方にはこのあと当該犬・猫を引渡します。
3:情報提供(譲渡候補動物が現れた場合、希望者に連絡いたします)
4:マッチング(お見合い)
5:成立(譲渡申請書、誓約書〔別様式〕の提出)
6:譲渡(免許証などで本人確認をさせていただきます)
(譲渡後もセンター・協会の調査などにご協力ください)

譲渡候補犬・猫一覧