一般財団法人 滋賀県動物保護管理協会

トピックス

協会からのお知らせを掲載しています

犬・猫の不妊手術助成事業を行っています。平成30年度は、犬6件、猫17件助成しました。【2019/06/21】

犬・猫の不妊手術助成金交付要領

1 目的
一般財団法人滋賀県動物保護管理協会(以下「協会」という。)は、滋賀県動物保護管理センターまたは大津市動物愛護センター(以下「両センター」という。)から譲渡された犬または猫に対する不妊手術経費の一部を助成する。犬または猫の不妊手術の推進により、適正な飼養と人と動物とが共生できる豊かな地域社会の実現に寄与することを目的とする。

 

2 助成対象者
助成対象者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。
(1)両センターから犬または猫を譲り受けた者(再飼養者譲渡は除く)
(2)滋賀県内に居住する者
(3)法令に基づき犬の登録および狂犬病予防注射を行った者(犬に限る。)
(4)公益社団法人滋賀県獣医師会所属の動物診療施設で不妊手術を受けた者

3 助成金額等
犬または猫のメスの不妊手術の助成金額
(1)犬  6,000円
(2)猫  4,000円

4 交付の申請及び申請の期間
助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、譲渡後一年以内に不妊手術を受け、すみやかに不妊手術助成金交付申請書(様式第1号)を協会理事長に提出する。

不妊手術に係る申請は、1世帯につき犬または猫のいずれか1頭とする。

5 交付の決定等
協会理事長は、申請内容を審査し、適当と認めた場合は申請に基づき、申請者の指定の金融機関に振込をする。協会理事長は、申請者が虚偽またはその他不正の手段により助成金の交付を受けたことを発見した場合は、申請者に助成金の返還を請求する。

付則
1 この要領は、平成30年4月1日から実施する。
2 この要領は、平成31年4月1日に一部改正し実施する。

お知らせ一覧